04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Sa baai Sa baai

不定期ですが・・・ただいま日々の出来事を更新中です。(^^)

☆コラージュ写真を作ってみました。☆

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

     

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

trackback -- |comment --

Page Top

 

2011

01/21

Fri.

17:03:14

ケーブ&レックダイブ最高(^^) 

Category【ダイビング

     

あと少しの滞在となったタイランド。
暑い国から一気に寒い日本はちょっと辛そう.....
しかし、帰らねば.....

8泊9日はあっという間に過ぎて昨日ミャンマークルーズから帰って来ました。
ミャンマー海域は様々な事情でダイビング船も入国制限があるせいか、殆どがプライベート(貸し切り)ダイビング。
海の中もウミウチワやトサカなど色とりどりのソフトコーラルが至る所に生息していてお花畑状態でとっても美しく、まだまだ自然がたくさん残っていました。
特別変わったものは見なかったものの魚の群れは半端じゃない!!
そしてスイムスルーや洞窟などが数多くあり面白い!!
地形好きダイバーにはお勧めできるところですが閉所恐怖症の方には厳しいかも知れません.....

ただ、ダイナマイト漁が現在も行われていて時々その爆破音が響いてくると胸がキュンと痛みました.....
ダイナマイトで崩れ落ちた岩などがあちこちで見られますが、そんな中でもソフトコーラルが元気に育っていました。


DSCF2984.jpg

初めてタイーミャンマーの国境を越えます。
現在は陸路での国境越えができないため、
ビザランもこの港(Ranong)からミャンマーに渡るそうです。

下船してイミグレに行き各々が出国手続きをするのかな~と思いきや、
今クルーズのボートマスターが全員のパスポートを持って上陸。
港にイミグレの担当官が出張してきてスタンプを押してくれました。

DSCF2985.jpg

タイの国境を後にしてミャンマー側の国境に向かいます。

DSCF2992.jpg

ミャンマー側の国境の港(Khawthang)が見えてきました。

DSCF2990.jpg

船内でおやつを食べながら待機。
何を???

DSCF2995.jpg

ミャンマーのイミグレから担当官が船まで出張して来て入国手続きをします。
ミャンマーには上陸できないの???
入国手続き完了後いよいよミャンマー海域をクルージング(^^)
海賊出没などの危険な海域でもあるためか???
ミャンマーのイミグレから一人乗り込んで一緒にクルーズです。

DSCF3144.jpg

帰りはミャンマーに上陸することができました。

DSCF3134.jpg

ミャンマーのイミグレーションは質素な建物でした。

DSCF3136.jpg

街の雰囲気は静か???というか怪しげな空気が漂っています。
外国人があまり立ち入らないのかすれ違う人々に不思議な顔をして眺められました。
(ビザランで来た時はイミグレのある区域外は出られないそうです。)

DSCF3145.jpg

私たちの帰りを待っているクルーズ船。
後ろにぼんやり見える山並みはタイ側です。

この後タイ側国境に向かうと、
出国時と同じくイミグレから担当官が港まで出張してきて入国手続きをしてくれました。
陸路の入国扱いとなるため滞在可能な日数は15日。

このあとリチェリューロックに向かって航行、停泊。
リチェリューロック、タチャイ、ボンを潜った後はタプラム港に向けて航行、タプラム沖で停泊。
最終日はシークレットの沈潜ポイント2ヶ所でダイビング。
通常はボンスーンレックを潜るそうですが、そのポイントで潜った事があると言うと「知らない所に連れて行ってあげる!!」と、特別にセッティングしてくれました。
滅多に行かないあまり知られていないスペシャルポイントだとのこと。

ギンガメアジ数千???、普段群れないスナッパーの群れやバラクーダの大群など魚影の濃さ、船も長さが84mと大きくて1ダイブでは足りない!!
その次に潜った別の沈潜ポイントも先に潜ったところに負けず魚影は濃く、砂地もハゼが一杯。

この2ヶ所のレックポイントは最高でした。(^^)
レックダイブ好きにはどちらもたまらないポイントだと思いますよ~~~

タイ滞在最後のクルーズでミャンマーではケーブ、最終日はレックと印象に残るダイビングができて最高に嬉しい楽しいトリップでした。(^^)

[Edit]

Page Top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://damselfish.blog24.fc2.com/tb.php/801-e5769ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。